先輩・先生からのメッセージ メッセージ

田中 正史先生

メカトロニクス学科
電子制御・ロボットコース

Q.この分野の魅力は?

「自分で設計する」ということは、とても達成感のある仕事です。大きな装置が、実際に自分の思い通りに動くのを見たときの感動は計り知れません。そういった充実した仕事ぶりを卒業生たちが報告に来てくれることもあり、嬉しい限りです。本校がある豊田市は、ものづくりの企業が多く集まっている街。土地柄としても、学んだことを活かせる就職先が多いのがメリットです。もちろん本人の頑張りが重要ですが、技術職は需要が増えています。

Q.この学科ではどのような人材育成を目指していますか?

就職する会社によって、求められる専門スキルは異なります。会社に入ってからも実践的な勉強が必要。そのために本学での2年間のうちに、社会で働くための前段階となる基礎を固めます。また、知識だけではなくコミュニケーション能力を併せ持った人材になってほしいです。電子制御・ロボットコースの授業はグループで行う実験が多いので、自然とコミュニケーションを学べる環境だと思います。普段あまり話さない学生同士でも、実験を通して仲良くなることが多いです。

Q.現代社会でエンジニアに求められるものはどう変化していますか?

現代は、あらゆる産業でコンピュータが発達しています。高度化する生産設備を制御するには、知識が必要。世の中はどんどん発展を続け、制御機器も新しいものが増えています。コンピュータを使って何でも制御する時代。電子制御の分野は、家電製品、自動車、電車、工場の生産設備など多岐にわたり、世の中のいたるところでその技術が使われています。皆さんが普段使っているスマートフォンにもたくさんの電子技術が詰まっていますし、最近は家電もスマートフォンで制御できるほど。学ぶべきことも時代によって変化していくため、教える側である私たちも常に新しい技術を習得しています。

Q.進路を検討中の高校生へアドバイスをお願いします。

電子制御の分野に興味があるのならば、ぜひ一度オープンキャンパスに来てみてください。本学に入学した学生たちも、オープンキャンパス参加者後に入学を決めたという学生が多いです。「電子制御・ロボットコース」では、ロボットに関する授業を充実させています。ロボットに興味があるのなら、尚更楽しんで学べることでしょう。指導する上でも、なるべく楽しみながら学べるテーマで授業を行っています。

先輩・先生からのメッセージ
pagetop