先輩・先生からのメッセージ

二宮 僚さん
CAD・CAM学科1年
出身
静岡県立浜松湖南高等学校卒

最新の設備が揃った環境で
高品質のモノを生み出すエンジニアを目指す

Q.なぜこの学校のこの学科を選んだのですか?

小さい頃からロボットが好きで、工業やモノ作りに関することを学びたくて、また設計にも興味があったので、機械設計があるこの学科に決めました。トヨタ自動車に20年以上人材を輩出し続けている、という就職実績も選ぶ決め手となりました。実際に入ってみて、施設の空調管理などもしっかりしていて快適に学習ができるし、何よりCATINAという3DCADのソフトも人数分揃っているなど、最新の設備が整っているところも、この学校の魅力だと思いました。

Q.好きな授業は?

機械設計と材料力学、3DCADの授業です。機械設計は物の強度などを計算する授業で、材料学はさらに細かい視点で考える授業。3DCADは自分で描いた図面を3Dにするのが面白いですね。軸やギアなどの部品や、小さな車、機関車の前の部分などを設計しています。CADの機能を理解して、そのなかでどう設計するかという発想が大切。さまざまなパーツを組み立てて、組み立てた後、不要なパーツを取り除いたり、ということをやります。

Q.先生との関係はどうですか?

良い関係です。なかには実際に機械などの設計に関わっていた先生もいらっしゃるので、授業中に体験談など話してくれることがあります。例えば飛行機の設計に携わっていたとときの話など、とても興味深く面白いですね。

Q.苦労していること、力を入れていることを教えてください。

2次元CADに苦労しています。どれだけ効率よく仕上げられるかということが大切になってくるので、もっと早く正確にできるよう、とにかくソフトを使って経験を積むように努力をしています。今はまだ課題を放課後残ってすることも多いですね。

Q.学生の間にしたいことは?

3DCADで使い方を難しいsurfaceモードは、今使っているsolidモードよりも線が滑らかにできるので、早く身につけてより品質が良い物を作りたいです。エンジニアとしての感覚やセンスを勉強して身につけて、工業系のエンジニアになりたいと思っています。そのためにもCAD利用技術者試験1級に合格を目指します。

CAD・CAM学科
■卒業生の声
■在校生の声
 
pagetop