先輩・先生からのメッセージ

小嶌五月さん
情報工学科 DTP・Webデザインコース(旧CGコース) 2年
出身
愛知県立衣台高校卒
内定先
三河印刷(株)

伝える難しさを知り、見る人を考え
デザインする大切さを学びました

Q.豊田市民美術展で1等の豊田市長賞を受賞、おめでとうございます!

ありがとうございます。1年生のときにも応募して、3等の市議会議長賞をいただいたんです。でもスケジュール管理など反省が多く、今回はその反省を活かして取り組みました。テーマから考えて、雰囲気や構図を自分で決めて、テーマからぶれないよう気をつけながらデジタルで描いていきました。

Q.制作するうえで心がけたことは?

常日頃、先生から「デザインは自分の芸術ではなく、人に伝えることが大切」と言われていたので、普段から制作をする際には先生にすぐに意見を聞くようにしていました。そうすることで客観的な意見を取り入れ、見る人のことを考えて制作を進めるよう常に心がけています。それが受賞につながったと思います。

Q.もともとデザインがやりたくてこの学科に入学したのですか?

絵を描くことが好きで、パソコンを使って何か作る仕事に就きたいなと漠然と考えていました。はっきりとは決まっていなかったので、広く学ぶことができるこの学科を選びました。Webも学べるし、デザインの勉強もできるので。入学してから初めて本格的に絵を描くデッサンの授業があって、IllustratorやPhotoshopなどの編集ソフトやDreamweaverというWebサイト制作のソフトの基本的な使い方を学び、自分の可能性を広げることができました。

Q.学んでいて、どんなときが楽しいですか?

アイデアが固まって、制作が進んで完成に近づいてきたときです。先生の意見を聞き、もう一度自分で考え直して修正を重ねていくと、作品がどんどん良くなっていくんです。そのときが一番楽しいですね。一人で黙々と作業するわけではなくて、コミュニケーションを多く取りながら進めていくやり方が合っているのだと思います。他にも4人で監督、撮影、役者など役割分担をしてストーリーを作りあげた映像の授業も、楽しかったですね。

Q.入学前と後で自分が変わったなと思うところはありますか?

初めは自分の作品を人に見せることに抵抗がありました。でも、デザインの仕事は、人が見るもの、触れるものを作るのだと気づき、多くの人に見てもらい、アドバイスをもらってより良い作品を作りたいと思うようになりました。先生や周りの人たちとのコミュニケーションもますます活発になりました。また賞をもらったこともあって自信もつきました。自信がない人でも頑張ることができる環境が整っているのだと思います。

Q.卒業後はどのような仕事をされるのですか?

私は印刷会社のデザイナーとして就職が決まりました。この学科は幅広く学ぶので、映像関係やデザイナー・Webクリエイターなど進路はさまざま。私は学んでいくうちにポスターのデザインや広告制作などがやりたいと思うようになり、志望しました。これからは街中で自分が制作したものを見られることを楽しみにしています。そして、これまで以上に責任を持って制作にあたり、お客様に喜んでいただける作品を提供できるよう頑張ります!

情報工学科
DTP・Web
デザインコース
■卒業生の声
■在校生の声
■先生からのメッセージ
 
pagetop