先輩・先生からのメッセージ

Q.大学を辞めて、ACEで学び直そうと思った理由を教えてください。

大学では、建築学科を専攻して建築デザインを中心に学んでいました。でも、次第に「これが本当に自分のやりたいことなのか」と疑問を感じてしまって。 パソコンでできる仕事をしたい、自分で取り組んだことがストレートに目に見える、手応えのある仕事をしたいという思いが募り、再チャレンジを決意しました。

Q.そのなかでACEを選んだ理由はなんでしょうか?

これ以上、親に負担をかけたくなかったので、自宅から通える専門学校を優先。そして、就職に力をいれていることに魅力を感じたACEを選びました。 高度情報処理学科か、情報工学科情報ネットワークコースにするかで悩みましたが、自分のやりたいことを考えて、高度情報処理学科を選択しました。

Q.大学とACEの学びや環境の違いについて教えてください。

大学は、人数が多いため、どうしても教授に対する学生の人数が多くなります。積極的に教授に質問したり、親しく話したりするのは一部の学生だったり、チャンスがあっても数回程度でした。 ACEは、少人数制なので先生との距離感がなく、下見しやすくて何でも質問できる雰囲気があって、すごくいいですね。先生は、学生一人ひとりに合った資格対策や就職対策をしてくれるから、しっかりと学び、考え、自分の道を選択できると思います。

Q.ACEでは、どのように学んでいますか?

知識はゼロからのスタートでしたが、徐々に無理なく学べましたね。先生に質問をしやすいから、疑問を持ち越すことなく、確実に知識を身につけることができました。 資格取得にも力を入れていて、資格の合否で実力がついたかどうかを再確認できる点もいいですね。 高卒でACEに入学した学生たちよりも5、6歳年上なのですが、違和感はまったくありません。和気あいあいとした雰囲気で勉強を楽しんでいます。

Q.内定が決まったとのこと。おめでとうございます。
どのような会社から内定をいただいたのでしょうか?

(株)ピコ・ナレッジという、セキュリティやシステム関連の設計やプログラミングをする会社です。まずはプログラマーとしてスタートする予定。実力をつけて、クライアントに最適なシステムを提案するSEをめざします。

Q.就職活動はどのような感じでしたか?

実は、書類選考は通るものの、最終面接で落ちてしまうということが数社続いて。正直、心が折れそうになりましたね。ACEの先生の指導をいただいて、「なぜ大学を辞めて再チャレンジしたのか」、「20代半ばである自分は、仕事にどう取り組むか」、「IT業界に対する自分の考え」などを徹底的に検討し、なぜ落ちたのかを自己分析して取り組みました。

Q.そんななか、がんばることができたのはなぜでしょうか?

やはり、先生のおかげです。本当に親身になって指導してくれました。 自分に合った職種を考えてくれたり、「この会社はどう?」と、企業情報を紹介してくれたり。いつも前向きにサポートしてくれて、とても心強かったですね。

Q.再チャレンジしたい人に向けてアドバイスがあれば教えてください。

大なり小なり、年齢の壁があるのは事実。でも、本当にやりたいことが見つかったのなら、迷わず決断すべきだと思います。私は、決心したからこそ新しい人生を手に入れました。また、就職に対して手厚いバックアップをしてくれる専門学校を選ぶことをおすすめします。

高度情報処理学科
2年制課程
■卒業生の声
■在校生の声
■大学編入合格者の声
■先生からのメッセージ
pagetop