電子制御学科

理論を学び、実践で体得
技術力の高いエンジニアを育成

学ぶ内容学ぶ内容

産業用ロボットや自動車、家電製品など世の中のいろいろなところで使われている電子制御技術。電子回路やコンピュータを利用して、機器の制御を行うことをいいます。それらロボットの脳を作り、さらには目や耳、口や手足まで作ってしまう電子制御全般を本学科では学びます。ロボット制御というと人間の形をしたロボットのイメージが強いですが、実際はあらゆる機器や製品に関わる分野。学びながらものづくりの楽しさを体験できます。 電子制御ではコンピュータに情報を処理する方法を教える「コンピュータ・ソフト」と、それを実現する装置である「ハード」の、2つの知識をしっかりと習得することが必要です。ロボットの基礎と応用から、ロボットの脳となる電子回路やプログラムの知識はもちろんのこと、手足となるアクチュエータの知識、目や耳となるセンサの知識、さらには機械系の知識を学び、即戦力となるエンジニアを目指します。

目指せる将来目指せる将来

電気・電子設計

自動車関連機器、制御機器、産業用ロボット、製造工場での制御装置の基盤など「電気・電子関連」の分野での設計業務。機器の開発などに携わる場合もある。

制御機器の保守・点検

鉄道関連の各種制御装置の定期保守・点検、医療機器の定期保守・点検、工場設備(制御装置)などの調整業務。専門性に特化した知識・技術、豊富な実務経験が求められる。

電気技術

受電設備、屋内電気設備、弱電設備などの電気配線業務を中心とした、電気の知識を要する関連業務全般。ネットワーク接続やLANなどの通信系の工事をするケースも多い。

実験・評価

オートマチックトランスミッションの変速ショックや切り替えポイントの検討、カーナビの動作や操作性の評価、各種自動車部品の実験・評価を行う。

取得できる資格取得できる資格

・ディジタル技術検定試験 3級文部科学省後援
・情報活用試験(J検)文部科学省後援
・Microsoft Office Specialistマイクロソフト
・日本漢字能力検定試験日本漢字能力検定協会
資格の詳細情報はこちら

カリキュラムカリキュラム

こんな授業があります。

1年次

まずは基礎を徹底的に学びます。抵抗やコンデンサ、コイル、トランジスタ、ICなど電子部品の働き方や役割を知り、その後それぞれの部品を組み合わせたときの動きや働き、どういったことができるのかを学習。電気回路、電子回路、マイクロコンピュータの基礎が身につきます。そして後期にはそれらの部品を組み合わせて簡単な回路を制作し、学んだ理論を実験で確かめ理解を深めます。

電子工学実験
目に見えない電気を測定器や回路をつけて見える形にし、教科書で学んだ内容を実験で確認。オシロスコープなど各種測定器の取り扱い方から、電気・電子回路に関する実験を行います。

マイクロコンピュータ実習
マイクロコンピュータは世の中にある多くの製品に入っています。ソフトウェアとハードウェアの両方の点から、その動かし方、利用方法などを学習。実際にマイクロコンピュータを使って動かし制御します。

2年次

1年次に学んだ基礎を活かした応用と、センサ、アクチュエータといった科目でより専門的な知識を習得。さらにC言語やHDL言語(プログラムによりLSIの回路を設計できる)を用いた実習や、メカトロニクス制御実験も行います。

LSI設計実習
LSI(Large Scale IC)はICの集合のことで、いろいろなICを組み合わせて機能的な回路を作ります。LSI自体をコンピュータのプログラムで設計。さまざまなことに応用できる技術を学びます。

シーケンス制御実習
エレベータや工場の生産ラインなど、広範囲に適用されているシーケンス制御。シーケンス制御を実現するための専用のコントローラをシーケンサといい、実習ではシーケンサを使用して空気圧機器を制御します。

電子制御実習
アームロボットを使って、さまざまな動きや物の並べ替えを行います。実習用エレベータを使った実習では、C言語によるプログラミングでエレベータを制御。ほかにもフィードバック制御など、各種制御実習を行います。



カリキュラム内容 1年 2年
専門科目 電気磁気学  
数学  
電気回路
アナログ電子回路  
デジタル電子回路  
電子制御と自動制御  
Word、Excel演習  
センサ(力や温度の感知器)  
アクチュエータ  
光と表示技術  
ロボットの基礎と応用  
アナログ・デジタル電子回路基礎実験  
アナログ・デジタル電子回路応用実験  
メカトロニクス実験  
LSI設計実習  
マイクロコンピュータ基礎実習  
マイクロコンピュータ応用実習  
電気・電子製図  
卒業製作(自由製作)  
データ通信工学  
有線通信工学  
コンピュータ概論  
C言語プログラミング実習  
機械設計概論  
機械製図  
一般科目 就職対策(面接・履歴書等)  
プレゼンテーション(発表技法)  

先生メッセージ先生メッセージ

田中正史 先生

電子制御の分野は、家電製品、自動車、電車、工場の生産設備など非常に多岐にわたり、世の中のいたるところでその技術が使われています。例えば家電製品の冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、エアコン等には、電子回路や小さなコンピュータが入っており、最適な動作をするように制御されています。皆さんが普段使っているスマートフォンにもたくさんの電子技術が詰まっています。本校がある豊田市は、ものづくりの企業が多く集まっている街で、最先端の技術と知識を身につけた技術者は、企業から求められる人材で、アイシングループやトヨタ関連企業などの大企業にも内定しています。これは地域にあったカリキュラム構成で、求められる人材を育成していることにほかなりません。優れた技術者に簡単にはなれませんが、ものを作ることが好きだという人には、とてもやりがいのある学科です。

pagetop