情報工学科DTP・Webデザインコース

情報を視覚化し表現する
最先端のクリエイターを育成

学ぶ内容学ぶ内容

授業の基本は、Webサイト制作と広告や出版物をデザインするDTP実習の2本柱です。またデザイナーの礎となるデッサンやデザインの基礎知識、発想力もしっかりと鍛えますので、デザインやアイデアに自信がなくても心配はいりません。Webサイト制作では、技術の進歩にともない、動的コンテンツなど、表現も豊かになっています。HTMLやCSSといった基礎技術を固め、プログラミングも基礎から学びます。その他、コンテンツ制作の一環として、動画の企画、撮影・編集、アニメーション作成など、幅広い技術を身につけます。また、DTP実習では、ポスターや広告などの作品をコンテストに応募し、実践力を養います。実社会で即戦力として活躍できるデザイナーを育成します。

目指せる将来目指せる将来

DTPデザイナー

写真やイラストなどのビジュアルと文章を組み合わせて、雑誌やカタログなど複数ページに渡る出版物のデザインを制作。ターゲットの年齢や性別、記事の内容に合わせて読みやすく機能的なページ構成を行う。

Webデザイナー

クライアント(広告主)が求めるホームページ(Webサイト)やバナー広告などを企画・制作する。見やすさや美しさだけでなく、ユーザーの環境や操作性も考慮して制作する。

グラフィックデザイナー

広告やポスターのような印刷媒体のデザインを制作。クライアント(広告主)の戦略や発信するメッセージを理解し、見る人にその意図をわかりやすく正確に伝えなければならない。見る人の関心をひき、心を動かすには、写真やイラストなどのビジュアルも重要な要素になる。
※DTPデザイナーとグラフィックデザイナーの仕事内容については、明確な区別がないのが現状です。どちらのデザイナーも両方の仕事をしています。

映像クリエイター

クライアント(依頼主)の要望を聞き、絵コンテの提案から、実写撮影や編集、効果的な音入れなど動画に関わる全般の企画・制作を手がけ、アニメーション制作に関わることもある。

取得できる資格取得できる資格

・Webデザイナー検定 エキスパートCG-ARTS協会
・マルチメディア検定 エキスパートCG-ARTS協会
・Photoshopクリエイター能力認定試験サーティファイ
・Illustratorクリエイター能力認定試験サーティファイ
・ビジネス著作権検定 初級サーティファイ
・ITパスポート試験(選択)国家資格
・Microsoft Office Specialistマイクロソフト
・HTML5プロフェッショナル認定資格レベル1(選択)LPI-Japan
資格の詳細情報はこちら

カリキュラムカリキュラム

こんな授業があります。

1年次

まずはPhotoshopやIllustratorといったグラフィック系ソフトを使って作品を作ることとWebページをマークアップするためのHTMLやCSSを学習します。その他、国家資格であるITパスポートの取得やプログラミングの授業も組み込まれています。インターネットの世界は進歩が速く、今のWebサイトには、HTMLやCSS以外にもさまざまな技術が使われています。デザイナーにとってもプログラミングの知識は不可欠で、「プログラミングができるデザイナー」を目指します。また、デザインをカタチにする道具としてコンピュータを使っていますから、デザイナーにもITの基礎知識は必須です。単に知識として吸収するだけでなく、国家資格も取得すれば、就職活動で武器になります。 <デザイン力+プログラミング+国家資格・ITパスポートの取得>で、デジタル時代にふさわしいデザイナーの基礎を築きます。

2DCGトータル演習
コンテストに応募する広告やポスターなどの作品を制作します。コンテストによっては、プロのデザイナーが多数応募するものもあります。広告やポスターは、発信する情報をわかりやすく見る人に伝えること、見る人の印象に残り、関心を高められることがポイントです。アイデア出しから表現方法まで、迷ったり悩んだりすることも多いですが、少人数制を活かし、個別にアドバイスをしながら質の高い作品を目指します。また、作品数は多いほど就職活動で企業に自分をアピールするツールにもなります。

2年次

2年次は主に、1年次より高度で実践的な内容で作品制作を進める実習と、デザイン系の資格取得の対策講座で構成されます。実習の授業では、より高度なWebサイト制作とその実現に必要な動画コンテンツの制作、プログラミング、スマートフォンアプリの制作、カタログや小冊子を編集するDTP実習、そして2年間の集大成となる卒業制作です。卒業制作では、コンテストに応募するのはもちろんですが、地元豊田市と共同で広報ツールを制作するなど、商品化を目指してより実践的で本格的な作品制作を行います。これまでに災害用備蓄水のペットボトルラベルや火災予防運動のポスターを制作しました。

映像の編集・制作
インターネットでは動画コンテンツが当たり前となっています。Webデザイナーも必要なコンテンツを自ら制作することも多く、映像を編集する技術も不可欠です。1年次で学んだ映像のプランニングと絵コンテの作成方法をもとに映像を企画し、実際に撮影・編集して動画コンテンツを制作します。

カリキュラム内容 1年 2年
専門科目 コンピュータの基礎知識  
C言語プログラミングの基礎  
デッサン  
デザインとレイアウトの基礎  
アイデア発想のトレーニング  
イラストレーション  
静止画像の加工  
グラフィックデザインの総合演習  
Webデザイン  
Webアニメーション  
キャラクターデザイン  
映像プランニング  
Webプログラミング  
Webサイト構築の総合演習  
DTP(雑誌やカタログの編集)  
映像編集  
サーバーの基礎  
データベースの基礎  
卒業制作(就職先を意識した作品制作)  
一般科目 ビジネスコミュニケーション  
就職対策(面接・履歴書等)  
Word、Excel 演習  
検定試験受験対策  

先生メッセージ先生メッセージ

河合 忍 先生

WebやDTPのデザインに関わる分野を幅広く学び、自分の特性と本当にやりたいことを見つけてほしいと思います。デザイナー自身が担う仕事の幅も広がっていますので、「できること」は少しでも多いことが強みになります。
また、少人数制で授業を行っていますので、質問や相談をしやすい環境ですし、個別の対話を大切にしています。作品については、とにかく数多く、質の高い作品を制作できるよう厳しく指導しますので、自信がなくてもヤル気があれば大丈夫です。学生同士、教師と学生の結びつきも強い環境の中で、満足度の高い2年間を過ごしませんか。

pagetop