CAD・CAM学科

豊かな発想力と感性を持った
メカニカルエンジニアに

学ぶ内容学ぶ内容

自動車や航空機をはじめとする各種機械やそれらの部品をコンピュータ画面上でデザイン・設計するのがCAD(キャド)。そのデータを使い、加工・製造することをCAM(キャム)と言います。本学科は基礎から技術者を育てる授業形態。機械だけでなく、電気電子についても基礎から学習します。CADの実習では、より実践に近いかたちで学べるように「CATIA」や「AutoCAD」など多くの企業が採用しているソフトを利用しています。そしてCADを操作するだけではなく、3次元プリンターによる実物の製作やCAMによる実加工を行うことでCADデータの利用法なども学んでいきます。また、本学科では、モノの造り方や加工法、材料の種類や選び方、部品の強度や特徴など機械設計に必要な知識や技術を習得します。実務経験豊富な講師ばかりですので企業に求められる即戦力、就職に大変有利なスキルが身につきます。

目指せる将来目指せる将来

機械設計(CAD設計)

自動車部品や各種工業製品の設計を行う。部品の強度や材料の特性、モノの造り方など幅広い知識が要求される職種。また機械知識の他に製図知識やCAD操作も要求される。

CAD・3Dモデリング

設計者による手書きの設計図や要件に基づき、その形状をコンピュータ上で3次元モデルに展開する。CADのスペシャリストとして将来指導する立場になることも多い。

CAD/CAEオペレータ

手書き図面のCAD化をはじめ、解析データ(強度解析、構造解析、流動解析など)の作成を行う。近年では実際の製品を使った実験よりコンピュータによる解析が主流となりつつある。

生産技術/製造技術/製造

製品の計測やチェックをはじめ、効率のよい作業方法などを検討し組立てラインを設計することや、生産性の向上のために製品形状の変更を設計にフィードバックする。

取得できる資格取得できる資格

・2次元CAD利用技術者試験 2級・1級コンピュータ教育振興協会
・3次元CAD利用技術者試験 2級・準1級・1級コンピュータ教育振興協会
・トレース技能検定試験 3級・2級文部科学省後援
中央工学校生涯学習センター
・Excel表計算処理技能認定試験 3級・2級サーティファイ
・日本漢字能力検定試験日本漢字能力検定協会
資格の詳細情報はこちら

カリキュラムカリキュラム

こんな授業があります。

1年次

機械設計を中心に材料力学や工業力学など設計者にとって必要な理論を学習し、基礎を固めます。製図では線の引き方など、図面を書くためのさまざまなルールを学び、手書き製図と2次元のCADを使った製図の両方で理解を深めていきます。

手書き図面作成
3次元CADで3Dデータを作ったり、2次元CADで図面を作成したりするのも、製図が元になっています。CADを効率よく使いこなすためにはその基本となっている、手書き製図をしっかり身につけなくてはなりません。

2年次

実習にウェイトを置いたカリキュラムで、段階を追って物を作っていく授業が特徴。まず物を見ながら寸法を測り、スケッチ製図から手書きで図面を描きます。そこから2次元CADで仕上げて、最後はその図面を元に3次元の立体物を作りあげます。機械材料や自動車概論といった座学も学びます。卒業実習ではCAD技能のまとめとして、模型を測定し3次元モデルを作成する実習などを行います。

CAD3次元モデル作成
いろいろなCADソフトのなかでも企業で多く利用されている「CATIA」を使ってより実践に近い形で授業を行います。基本からじっくりと学ぶことができます。

CAMによる切削加工
CADのデータを使って実際に製品として加工するのがCAM。CAMを学ぶことで、CADデータがどのように使われているのかが分かります。またそれによって就職の幅も広がります。

卒業研究
製図やCAD実習で学んだことを活かして作業を進めていきます。例えば、プラモデルの部品1個1個を測定し、裏側の形状にいたるまで忠実にCAD画面上で再現します。チームを組んでそれぞれの担当部分を決めて作業を進めるなど、実際の仕事と同様に計画をしっかり立てて、コミュニケーションをとりながら完成を目指します。



カリキュラム内容 1年 2年
専門科目 機械部品の強度  
機械製品の構造  
油圧・空気圧のしくみ  
電気・電子の基礎  
機械材料の知識  
機械加工法  
自動車のしくみ  
製図の基礎・演習  
センサ  
力学  
工業数学  
機械設計製図  
Word、Excel演習  
CAD概論  
CAD試験対策
CAD2次元基礎  
CAD2次元応用  
CAD2次元製図技法  
CAD3次元基礎  
CAD3次元応用
CAM(加工データの作成~実加工)  
生産関連基礎  
検定受験対策(トレース技能)  
卒業研究(CAD・CAM応用)  
一般科目 就職対策(面接・履歴書等)
プレゼンテーション(発表技法)

先生メッセージ先生メッセージ

山内康義 先生

基本をしっかり身につけた、技術者を育てる学科です。設計者にとって最も大切な感性をこの2年間で養うよう心掛けて指導にあたっています。世の中にないものを作っていく仕事に就くために必要なことは、ひらめきや発想です。思い込みがあると新しい発想はなかなか出てこないので、常日頃から頭を柔らかくして決めつけや思い込みを持たないよう学生たちに伝えています。また設計者は図面を見ているだけでは良い設計者になれません。実際の物と向き合って、物をよく見ることがとても大切です。本学科は例えばトヨタ自動車やホンダ技研などからの求人もあり、自動車関係の就職に強いと言われます。しかし自動車だけでなく、航空関係や建築関係など多方面で活躍することができます。CAD・CAMは一生ものの技術ですので、多くの女性技術者が第一線で活躍しているように、女性にとっても長く働き続けられる良い職種だと思います。興味のある方はぜひ、本学科でエンジニアを目指しましょう。

pagetop