就職・編入・資格

学生が考えて決める将来への道を
学校をあげて全力でサポート

就職担当教員 山田一敏先生からのメッセージ

本校では担任教員が一人ひとりの就職活動のサポートをし、全体のとりまとめや企業様とのやり取りの窓口を就職担当教員が行っております。特に、履歴書の書き方と面接指導に力を入れ、しっかりと練習を重ねサポートしています。日頃から学生のことを良く見て、コミュニケーションを取っていることで、良いところをたくさん見つけられるよう教員も心がけています。不安を感じる学生にはとことん付き合い、不安を取り除き万全の準備を整え、就職活動に臨みます。

学生に無理に企業を勧めないことを、本校では就職活動の指導方針としています。それは本人が本当にやりたいことができる企業でないと、働き始めてから長続きしないからです。なかには学校で学んだこととは異なる業界に進みたいと希望がある場合もありますが、どんな場合も学生の意思を尊重し、できるだけのフォローをして応援します。また「就職したらどんなに大変でも、とにかく3年間続けなさい」ということも伝えています。しかし実際、好きなことを目指し、夢を叶えて働く学生が多いので、すぐに辞めてしまうことはほぼありません。1年次の早い段階から多くの企業を研究しているので、自分の道をしっかりと見極めることができ、「とりあえず就職」するといったことがないことも理由の一つです。

今就職のことも考えて学校を探している、高校生のみなさん。18歳という若さでその先の仕事に繋がる学校や学科を選ぶのはとても大変なことだと思います。いろいろな学校や学科を見て、自分のやりたいことをいかに見つけるかが大切です。学校に入って何をするか考え、しっかりと見極めてください。そしてみなさんが夢とやる気を持って本校へ来てくれたならば、その夢を実現するまでの道のりは学校をあげて全力でサポートいたします。

就職指導スケジュール

ACEは、開校以来常に100%に近い就職率をキープしています。したがって、就職指導も入学した年から開始し、皆さんの希望に沿った就職を実現するために徹底したサポート体制を整えています。
また、最近増えてきたインターネットで求人を行う企業からの新鮮な情報を取得できるように、学生ホールに就職専用パソコンを用意し、学生全員にメールアドレスを配布しています。

1年次

4月
新入生オリエンテーション
2年間の学校生活、就職への動機づけを図ります。
就職筆記試験対策 常識試験問題に対する勉強を毎週1回行います。
健康診断 問題があった学生に学生生活上の注意点等を指導します。
8月
会社訪問の実施 夏休みを利用して、先輩のいる会社を訪問して、会社というものに対する理解を深めます。
10月
プレゼンテーション 後期の授業の中で、履歴書の作成・面接作文など自己表現についての基礎的な指導を行ないます。
11月
就職適性テスト 外部機関を利用して就職適性テストを実施し、本人が就職適性・学力を自覚し、必要なものは対策します。
12月
就職ガイダンス 「就職の手引き」を配布して、担任が就職に対する心構え・企業の選び方など就職決定までのプロセスを説明します。
1月
第1回就職調査アンケート 就職の手引きに記載の企業、前年度の求人票などを参考に希望する会社を考えることによって、就職への意識づけをするとともに、保護者の意見を聞きます。
2月
就職講演会
就職の心構えについて説明します。
就職個人面接開始 早期に募集開始する会社に応募する学生を優先して順次面接の個人指導を行ないます。
2月~3月
学内企業研究会 愛名会加入の優良企業を中心に約560社を大学に招き、企業の概要から入社試験の傾向にいたるまでを、採用担当者から直接説明してもらいます。愛名会とは、名古屋電気学園の後援組織で約740社の企業が加盟しています。

2年次

4月
面接の受け方・履歴書の書き方指導 授業で履歴書の書き方は指導されているが、個別に履歴書を完成する。また。面接も個別に指導します。
求人票公開 3月中に来た求人票を新学期から公開する。
会社訪問 一部は3月から始まっているが、新学期から会社訪問を開始します。
5月
第2回就職調査アンケート
今年度の求人票を参考に、希望する就職先を確認して相談に応じます。
入社試験 受験したら受験報告を作成して後輩に情報を残します。
就職実績はこちら
就職・編入・資格
pagetop