こんな学校

考える力を養い、
自分仕様のテキストを作っていく授業
ーだから希望の就職がかなうー

授業シーン1

様々な教育シーン

授業はノートが命!

アルゴリズムの授業では教科書を使用していません。プログラムの授業が未経験の学生も、経験していても苦手意識を持っている学生にもアルゴリズムは難しいという壁を取り払うため、自作のテキストを作りそれを基に楽しく考えられる授業を行っています。1年間で学生が使うノートの量は2、3冊。これはテキストに頼らずに自ら考える力を養うため。プログラムの考え方や組み方は一つではなく、正解もありません。そのため自分の力で考え、作りだせた方が達成感も得られ、結果的にプログラムが好きになる学生が多いのです。

郷司有紀 先生

  • 授業シーン2
  • 実習シーン
  • 就職指導シーン
こんな学校
pagetop